マスクの箱

by Knkw Kk / 2021-11-15

これまで、箱売りマスクの箱の、「ミシン目」を

1日たりとも許してはいなかったが

さっき急に許すことができなくなったので記す。

 

これが

「こっから切り外して穴開けたらティッシュみたいに使えるじゃん」

「おまえらそんなことくらいできるよな」

っていう、やるきのないミシン目だ。

 

 

ミシンに沿ってていねいにカッターで切ってあけるのは

けしからん、バカか、このなんちゃって親切風ミシンが、となるので

穴あけずに使っていた。

中身が少なくなってくるとこれもまた

取り出す度に、無駄エネルギーを使う。

 

いろんな箱についてむりっておもっているが

これは毎日つかうから、むり中のむり。

快適で平和な世界を作り出そうと思う。

下記は、むりの反動と反射でつくったもの。

 

①まずこのやる気のない面をぶった切り落とす。

  ざまあみろ、はっはっは。というきもち。

 

  

 ②下図実線のところに切り込みを入れる。

 点線は、切ってないほうの、フタの折り線。

 

③切り込みの位置で根元から外向きに折る。

 

④差し込み部分をV字にカットする。

おまえも無駄なのだ、成敗してくれる。というきもち。

 

 

⑤下図黒い線のところで斜めにカットする。(両側面とも)

左右の邪魔なフラップも一緒に成敗。

 
⑥矢印の方向に、箱の内側に折り込む。

 

⑦完成。

取り出すときはV字にカットした穴に指をひっかけてフタを開く。

たいへん満足した。

 

以上

これで、世の中が少し平和になるはずだ。

(設計の展開図に興味があるメーカーさんはご一報ください)

 

それではまた次回。

ごきげんよう。